ブラックを買うならココです アルティジェットの価格♪バックスクリーン

縁あり水槽ですが、結構、簡単に貼れました。(側面からの日光を遮断したいというような目的でもない限り、側面は光の関係で貼っても貼らなくてもほとんど外観に影響ありません)。ノリつきで仕上がりが とても綺麗です。

コスパがいい♪

2017年11月05日 ランキング上位商品↑

バックスクリーン アルティ ジェット ブラックバックスクリーン ARTI(アルティ)30 ジェットブラック(35×50cm) 関東当日便

詳しくはこちら b y 楽 天

(水槽があまりに大きい場合は難しいかもしれませんが)カッター、定規、霧吹きがあれば、キットは不要です。内も外も、綺麗すっきりです!良かったです!ゴムへらより手で空気を抜いた方が上手くいきました!後ろの配線がゴチャゴチャしてたので嬉しいです!アピストも落ち着けるかな~♪60cm水槽の側面用に購入。色に悩んでたら黒に決まりですよ!ほんとに。結局、私は、霧吹きと三角定規を使用して うまく貼れました。よい感じです!!!張り方は車のスモークや窓の目隠しなどと同じで簡単ですねキットがあれば貼るのが簡単なんだろうなーとも思いましたが、一回のために買うにしては高いと思ったので、単品にしました。当方的には・・・でも!小型水槽で不透明の黒だと堅すぎる気も。数百円のバックスクリーンを、セロハンテープで、今まで止めてましたが、ぜんぜん違います。ちなみに水槽と壁の隙間15cmくらいしかなかったので、水槽の正面に立って裏に手を回す感じでやりました。少しの器用さがあれば!説明書通りにやれば貼れるはずです。梱包は!完璧です。今回はシートの端部が折れ曲がっており、癖がついていたのでマイナスひとつです。当方定規と新品カッターを用意して臨みました。ただ!中性洗剤は単に滑りやすくするために必要なのか!中性洗剤がなくては貼りつかない(水だけでは貼れない)のかどっちなんでしょうか。が、水草で隠れて見えないからまあいいかな。やはり黒は引き締まったてカッコイイです。水槽に水を入れたままの状態ではりました。(妻の許可がおり次第です・・・)安価で機能も充分、リピート購入。ただ!淡水に青は合わないので黒にやり替えるつもりです。バックスクリーンは必ずしも必要ではありませんが、あったほうが、ライトを点灯させたときに、草や魚がよりクリアに見えます。バックスクリーンは有ったほうが良いですね。綺麗に仕上がるので良いですね。それでも綺麗に貼れて貼りやすくて良い感じでした。貼る手間がかかる分!仕上がりは抜群です。以前購入したことがあり貼りやすかったのでリピです、専用の道具付きもありますが定規1本あれば十分で簡単に貼れます、カッターでふちを切るには慣れが必要です手馴れた人なら車のウインドーフィルムを貼る要領で簡単に作業できますが、出来れば、エアー抜き用の簡易ヘラのようなものが同梱してれば完璧ですね。結果・・・バッチリです。定規とカッターと霧吹きがあればスターターキットは不要です。また買うかも。309円で購入しました。貼り付けにはコツが必要ですが、うまく貼れれば、見映えもよいかと思います。我ながら上出来です。私はバックスクリーンの壁面に蝶々や花のウォールステッカーを貼り水槽に貼り付けています♪可愛くお洒落になりますよ(〃ω〃)水に強い素材で!価格は安く!貼付に関しては説明書きが丁寧なので!1人でも簡単に貼れます。35cm水槽用に購入しました。半透明のブルーが人気ですがどんな感じになるのかなぁ〜次の水槽の時に試してみます。ちなみに!完全に舐めていて!ヘラもスプレーボトルも用意しなかったので少し気泡等が入ってしまいました。HPの動画を参考ししたら簡単きれいに貼れました。貼るのは背面だけで大丈夫です。貼り付けは簡単で!最初は丸まっているのでやり難いですが!一端貼り付けてしまえば!空気抜きはどうにでもなります。ハジが少しギザギザになりましたが、そんなの許容範囲内です。熱帯魚用品に洗剤を使うのは抵抗がありました…そのため!洗剤はほんの少し(本当にほんの少しです)しか使っていません。水のみでokです。また気泡を出すのにゴムヘラではなく定規を使うのであれば!霧吹きの中に洗剤を入れる必要はありません。